インドでコロナ患者に真菌感染症が急増している理由 / 変異株の感染力がなぜ強力なのか

インドでコロナ患者に真菌感染症が急増している理由

 

原因はコロナ治療にステロイド薬を使っているからと思われています。

なぜ呼吸器をつけたコロナ患者の致死率を下げる効果がステロイド剤にあるのか。それは新型コロナは人間の免疫を返り討ちにする能力があり、免疫が減らされたために人間はもっと免疫力を出していきます。それを繰り返して出しすぎる結果になり、自分の身体までダメージを与えて殺してしまう(サイトカインストーム)からです。https://www.asahi.com/articles/ASN5Q4GJ2N5FPLBJ001.html

免疫力を下げてサイトカインストームが発生しないようにする副作用として、免疫力が低いために他の病原菌に侵されてしまうのです。

このように身体の常在菌をなくしてしまうと、すぐに病原菌に侵入されるので、アルコール消毒や除菌剤の吸入は逆効果になります。

 

 

変異株の感染力がなぜ強力なのか

 

変異株は感染しやすく、今まででは起きなかった状況で感染が発生しています。

ウイルスのスパイク形状の進化により細胞に入りやすくなる点などがありますが、これについてはウイルス研究の発表に委ねます。

 

変異株はウイルスの量が多いと報告されています。

ウイルス量が多いというのは、ウイルスを放出する量と吸い込む量が多いことになり、これまで説明してきましたとおり、感染を防げる免疫力の限界値に早く到達してしまうということです。

濃厚接触では、従来なら1m離れて10分かけて吸い込む量を、変異株ウイルス量が100倍なら6秒で吸い込んでしまうということになります。

空間感染では、従来なら会議室でマスクを付けて10時間ドアを閉めていないと充満しなかったものが、変異株ウイルス量が100倍なら、6分で会議室にウイルスが充満して、多くの人の免疫限界値を超えてしまい、感染クラスターとなります。

 

タバコの煙で言うなら、1人がタバコを吸う状態から100人が同時にタバコを吸う状態になったことであり、これは従来の換気設備や空気清浄機で対処できない事態になるということです。

 

そして、変異株は短時間で大量のウイルスが他の人の肺に入りますので、最終的にその人の免疫力がウイルスを撃退して感染しなかったとしても、撃退するまでの間に呼吸した時にウイルスを放出してしまっています。本人は感染を免れても、その肺はウイルスの移動手段に使われ、移動した先でウイルスを吐き出してしまい、そこにいる免疫力の劣る人を感染させてしまいます。またはそういう人が複数集まれば、その人数分だけ空間のウイルス濃度が上がってしまいますので、感染を引き起こします。

Follow me!