沖縄県内で、高濃度の微小粒子状物質「PM2・5」が観測されています。県では環境基準を超えた場合、マスクの着用や外出を控えて健康被害を予防するよう呼び掛けています。また、九州でもPM2.5の濃度が上がり、例年喉の不快感や目の痛みを訴えることがおきています。

大切なのは吸引量を減らすことですから、マスクとママイオンの併用が望ましいですね。

それと効果的なことが水ぶきです。帰宅時や起床時に床を雑巾やウエットタイプの紙モップで拭いてください。
身体も水ぶきが効果的。外出から戻ったら顔を洗い(除菌タイプの洗顔は避け、お湯だけで)、濡れタオルで髪や可能であれば服も拭きましょう。